MISSION

MISSION

Here are what we think we should be, and where we're going.

MISSION

"b++(ビープラス)/ マイナスがプラスになる瞬間を創り続ける"

リレーションズのMissionはb++(ビープラス)という造語です。
b+(=be plus)が「マイナスをプラスに転換する」ことを表し、そして+が2つ並ぶことでインクリメント(連続)という意味が込められております。
リレーションズは、これからも世の中の様々なマイナスの課題をプラスへ転換し、社会をより良くしていきます。

ロゴの「RE」には"原点"と"未来"という2つの意味が込められています。

原点:Responsibility(責任感)
RELATIONSは、2009年にお客様の期待を裏切りたくないという思いだけで創業しました。
その時から、お客様、メンバー、パートナー様の期待に応えていく責任感(Responsibility)を大切にしており、この言葉が会社の原点です。

未来:Re(繰り返し)
RELATIONSのミッションは「マイナスをプラスにする瞬間を作り"続ける"」です。社会の大きな課題を解決するには、1つの解決策ではなく、繰り返し解決策が生まれることが重要です。例えば、人間の寿命が伸びたのも、医療、住宅、衛生、などさまざまな領域のマイナスがプラスになり続けた結果だと考えています。

会社の"原点"と"未来"を表わす「RE」を大切に、これからも挑戦し続けます。

長谷川博章

CEO長谷川 博章

VISION

「テクノロジーの進化と人間の適応力のギャップを埋め、企業の生産性を高める」

未来の働き方が注目される中、先進国の中でも「生産性」が低い日本。どうすれば、我々の働く環境は改善できるでしょうか。

2009年の創業以来、コスト改善サービス「Less is Plus」やデジタルマーケティングサービス「+m」を通じ、北海道から沖縄まで400社以上の「生産性向上」のご支援をしてきました。

また、最先端企業400社700チームの課題解決の事例が集まるWebメディア「SELECK」を運営する中で、生産性の高い個人、チーム、組織が持つDNAを徹底的に研究してきました。

リレーションズは、これまでに培ったノウハウを活かして、企業の生産性を高めることで、全産業にプラスを生み出していきます。